北武グループについて

経営理念

「自ら考えて行動し、互いに支えあう地域を創る」

北武グループは、土木・建築、医療・福祉、食品・農業、ソフトウェア、不動産など様々な業種において、地域住民の生活に密着したサービスを提供する「異業種企業グループ」です。

異業種企業グループという特徴を活かし、地域の中で特異な事業領域を確立するとともに、時代の変化を敏感に感じ取り、地域住民のニーズにあわせながら、グループ企業が連携しあい、柔軟かつスピード感をもって、ダイナミックに事業を革新していきます。

北武グループは企業活動を通じて、地域の住民や企業が、自ら地域に必要なことを考えて行動をおこし、互いに支えあう地域、そのような地域を創りだしたいと考えています。


トップメッセージ

北武グループを創立し、40年が経過しました。
その間、高度成長、石油ショック、バブル、失われた10年と、社会環境は激変してきましたが、北武グループではそのような荒波に負けずに自らを革新しつづけ、そして幾多の苦難を乗り切ってきました。

これからは、日本では少子高齢化がさらに進展し低成長時代が続く一方で、新興国では急激に成長し、世界全体が新たなステージに突入していきます。
そのような中、自立した地域を創るべく、高齢化へ対応する介護福祉事業のさらなる展開や、食糧不足を補う農業経営への参入や水資源の確保など、地域を豊かにする事業に集中して投資し、時代の変化に取り残されることのないよう、北武グループは常に挑戦を続けていきます。

北武グループ代表 小西 政秀

企業経営者のみなさま。起業を志す個人のみなさまへ。北武グループ代表 小西からのメッセージ